Category Archives: 家庭教師

やる気がなければ家庭教師も無駄になる?

By   2018年12月6日

よく耳にする考え方の一つに、
「勉強はやる気がなければ意味がない」という見方があります。

「やる気がなければ家庭教師をお願いしても意味がない」なんていうことも聞きますが、
これは一般的な保護者からの見方です。

結論から先に言うと「人は人との出会いでしか変えることはできない」、
「やる気がないからこそ家庭教師や塾が必要だ」ということです。

よく、やる気スイッチをオンにするなんていう表現がありますが、
これは一時的に子供にやる気を奮いたたせるだけで、
長期的にやる気が出るということには残念ながらつながりません。

例えば「次のテストで○○点取れたらご褒美をあげる」などといった戦略方法です。

確かに家庭教師や塾に行かせることよりもこのやり方は有効になるかもしれません。

しかし、この場合のやる気スイッチはなかなか継続されないのです。

これは、これまでの子供の人生においての育ち方にも強く関係してきます。

それを一からどうしてこうなってしまったのか分析することは気が遠くなる作業なので、
それを飛び越えてこれから子供をどうすべきか考えることが重要になってきます。

子供をやる気にするためにはまず子供を変えてくれる人との出会い、
つまり家庭教師や塾の先生探しをすることが大切です。

子供の親であれば自分の子供がどんな先生と相性が良いのか、
どんな先生ならやる気が出るのか分かるかと思います。

また、親が「この先生なら任せられる」と思えば、
大体子供との相性も悪くはないはずです。

ですから、やる気はなければ何をやっても無駄という考え方は捨て、
やる気を起こすための出会いを求めて家庭教師探しをするようにしましょう。

目標設定を明確に

By   2018年11月25日

勉強によく取り組んでいる子であっても、
成績が付いてこないという場合は少なくないでしょう。

成績が思うように伸びないことで、
勉強そのものに飽きてしまうこともあります。

そんな時は着実に達成することができる目標を設定しておくことが大切です。

勉強をやり始めても、それが長く続かない場合、
その時の目標に手が届きにくくなっていることが多いです。

受験勉強継続のためにも、目標の立て方は非常に重要となります。

志望校に合格するためには記憶を定着させる必要がありますが、
そのためには長続きするように目標を立てていく必要があります。

また、時間を目標にするよりは、具体的な数値で示すのがおすすめです。

時間を目標にしてしまうと、どれだけ頑張っても目標の位置を変えることができず、
モチベーションが下がってしまう可能性もあります。

子どもの頑張り次第で着実に目標に到達できるよう、
自分に適した段階を見て目標設定すると良いでしょう。

子どもにとって手が届きそうな目標にするということは、
勉強を続けていくためにも、成績を効率良くアップさせるためにも、
とても大切なことなのです。

また、目標を達成したらその都度記録していき、
後から見返したときにどれほど実力が伸びたのか実感することも大きなポイントです。

どのように実力が伸びているのかを把握することはその後の対処法を考えたり、
やる気を出せるという面などのメリットがあります。

自分の現時点での段階を踏まえ、その都度目標設定をしていくことは、
その後の実力やモチベーションにもつながっていくのです。

質の高い学習を続けるには

By   2018年8月22日

近年では、小学校受験や中学校受験をする子どもが増えてきているそうです。

そんな理由からか、学校以外の場所で勉強する場所を求めている子どもも多いと言います。

もちろん、受験対策だったり苦手科目克服だったり、
学校の授業についていけないなど、理由や目標はそれぞれ違いますが、
塾や家庭教師のニーズが高まってきているのです。

最近では、日本の効率の小学校の授業の進み方は早いペースになっていることがわかっています。

でも、もしそこで授業についていけなかったり、
質問しづらく苦手科目が多くなってしまったりといった状況に陥ったら、
そこから踏み出すにはなかなか困難になってしまいます。

学校の先生によっては宿題をあまり出さないという人もいるため、
学校での学習量も家庭での学習量も減ってきています。

ただ、塾や家庭教師に依頼しても、
子どもに合った学習方法で取り組むことができなければ、
思うように成績が伸びていきません。

勉強方法はもちろんですが、
マンツーマンで子どもと向き合ってくれる家庭教師の存在は、
勉強そのものに苦手意識を持っている子どもにとっても、
勉強に対する意識が変わっていく可能性が高いです。

家庭教師を利用すると自宅で学習する習慣もつきやすく、
自宅で予習・復習ができたり、わからないと思ったときには自ら質問する機会が増えるでしょう。

家庭教師を利用することで、質の高い勉強を続けやすいというメリットもあります。

小学校受験や中学校受験を控えている子どもに限らず、
勉強の楽しさや大切さを考えるきっかけになる家庭教師は、
質の高い勉強をしてもらいたいと思っている保護者にとっても大きな意味があると言えるでしょう。

家庭教師のオリオン

By   2018年5月9日

・テストが平均点以下
・学校の授業がわからない
・勉強のやり方がわからない
・塾に通っても成績が上がらない
・ノートをとることが苦手
・テスト勉強をすることが苦手

上記の項目に当てはまる子供も多いのではないでしょうか?

東京都や神奈川県、千葉県や埼玉県で家庭教師を行う「オリオン」は、
勉強が苦手な子供におすすめできる家庭教師です。

オリオンの特徴としては、
子供の自信とやる気を引き出し、
子供にあった勉強法を見つけて提案してくれるので、
勉強が苦手な子供でも続けやすい家庭教師です。

勉強を好きになるためには、先生との相性も大切となりますが、
たくさんいる家庭教師の中から子供に合った先生を紹介してくれ、
万が一相性が合わなかった場合でも交代が何度でも可能なので安心でしょう。

オリオンの小学生のプログラムは4種類あります。

中学準備編では、中学生になってから勉強で躓かないためにも小学校で習った勉強の大切なポイントだけを復讐し、
中学校で使用する単元を集中的に学ぶことができます。

習慣付け編では、小学生のうちにつけたい「勉強をする習慣」を身につけることができるようになります。

子供は長い時間勉強することを嫌う傾向にあるので、
オリオンの家庭教師が子供に合わせてスケジュールを組んでくれます。

「10分のポイント復習」を宿題として出すので、
子供は短時間勉強するだけで学べるので面倒を感じずに学ぶことができるでしょう。

このほかにも、苦手克服編や英語予習編があるので、
子供に合わせて選ぶことができます。

家庭教師と保護者のあり方とは

By   2018年4月19日

家庭教師にお願いしていると、
先生の指導方法に疑問が浮かぶことも時にはあるのではないでしょうか?

しかし、そんな場合でも保護者はなかなか言い出せないということも多いです。

ただ、子供のことを1番よく知っているのは保護者でもあります。

疑問が生じた場合には、遠慮せず先生に直接聞いてみることが大切なのです。

先生がより子供のために指導をしようと考えているならば、
保護者の疑問や指摘をしっかりと受け入れてくれるでしょう。

家庭教師を依頼する場合、先生と子供の関係を意識しがちですが、
保護者も先生とスムーズなやり取りができるかどうかも重要なのです。

先生もしっかりとした考えがあって指導しているに違いありません。

しかし、きちんとした説明がなければ保護者に不安を与えてしまうのも当然です。

保護者は子供のサポートをしたり、
勉強しやすいような環境を作ってあげるようにしていく必要がありますが、
家庭教師の指導法に納得できないのではよくありません。

家庭教師は、保護者の理解を得ることも指導の1つです。

子供に、より積極的に勉強してほしいと思う反面、
そういった家庭教師との連携も非常に大切であるということも意識しておく必要があるのです。

子供と家庭教師という部分だけでなく、
家庭教師と保護者という側面も考えて先生を選ぶようにしましょう。

保護者が先生に疑問や不安を直接言えるような関係は、
子供にとっての学習にも非常に意味のあることだと言えるのです。

集中治療は家庭教師にお任せ!

By   2017年11月7日

家庭教師をどういう時に頼むかというのは、
よく考えるべきです。

集中治療が必要な時です。

学校の授業で問題がないのであれば、
家庭教師を頼まなくても良いでしょう。

ただ、学校の授業以外の勉強をしたいということもあるでしょう。

それは、習い事と同じように考えるべきなので、
たしかに集団指導より個別指導の方が良いのかもしれません。

もちろん、同じことを勉強したい人がいれば別です。

例えば、中学受験の進学塾や高校受験の進学塾、大学受験の進学塾があります。

特に、中学受験の場合、小学校では習わない内容の勉強が必要なので、
家庭教師の指導が良いような気もしますが、
同じように中学受験を考えている人がいれば一緒に授業を受けることも可能なのです。

学校以外の勉強でも、集団授業で問題ないのであれば、
あえて値段の高い家庭教師にする必要はないのです。

ただ、進学塾の集団指導でうまく行かなかった時はどうすれば良いのでしょうか。

そういう時は、家庭教師が役にたちます。

個別に対応しないと良い学習ができないということはよくあることです。

これは、理解できるポイント、理解のためにかかる時間は一人ひとり違うからです。

進学塾や学習塾の場合、学校のように大人数ではないにしても、
講師が全ての生徒の理解できるポイントを把握しているはずもないのです。

生徒が「?」という気持ちになったことに気づけるかもしれませんが、
一度に何人もの目を見ることは不可能です。

生徒の表情をみのがしてしまうこともあるかもしれません。
本当に困った時は、家庭教師を選ぶべきなのです。

家庭教師に依頼する仕事

By   2017年10月2日

家庭教師はどう利用するかが重要です。

例えば学校の授業について行けない時、
中学受験のために塾通いをしているがその授業について行けない場合、
家庭教師のサポートが必要となります。

子供がついて行けなくなった状況を分析できるのはプロだけだからです。

そうでない場合は、家庭教師は必須ではありません。

子供が家で勉強しない、家庭教師に監視してほしいという人がいます。
この場合、家庭教師でなくても良いわけです。

親が監視して勉強をさせれば良いわけですが、
それができないということであれば、
親子で約束する、ノートに勉強の計画を書き、
きちんとやったらシールを貼るなど、工夫をして子供が勉強するように仕向ければ良いのです。

一番良いのは、子供がリビングで勉強できるようにしておけば、
晩御飯の支度をしながら子供の勉強を見守ることもできるでしょう。

勉強自体がわからないわけではないので、
側にべったりくっついて監視するより、遠くから見守るという方が良いでしょう。

では、授業について行けないということ以外に、
家庭教師に指導を受けたいのはどのような時でしょうか。

これは、勉強方法がわからない時、
効率的な勉強法を知りたい時です。

例えば、長時間勉強しているのにも関わらずあまり成績が上がらない、
忙しくて勉強時間が少ししか取れない場合です。

効率的な勉強法は、やはり専門家に教えてもらうべきでしょう。

もちろん、効率的な勉強法を保護者が勉強して子供に教えるということでも良いでしょうが、家庭教師を利用する場合、プロの仕事を依頼しましょう。

トライ 定期テスト3回短期コース

By   2017年9月25日

9月になって、すぐに定期テストという人も多いと思いますが、
家庭教師のトライでは、お試しキャンペーンとして、
「定期テスト3回短期コース」を実施しているそうです。

このコースはテスト前のみ1科目から受講できるそうですがどんな指導なのでしょうか。
夏休みに宿題の計画と試験勉強の計画を立てたものの、計画通り勉強できなかったという方もいるでしょう。
計画通り勉強できなかったから、試験までにきちんと対策できないかも・・
と思っている人もいるかもしれませんが、トライの家庭教師はそういった人でも試験に間に合うよう、指導してくれるそうです。

トライでは教育プランナーの「トライさん」が一人ひとりに合わせた学習プランを立ててサポートしてくれるそうです。
トライの家庭教師は豊富な指導経験があります。
家庭教師の指導という事で、通っている学校の出題傾向に合わせ、
一人ひとりに合わせた指導ができるのです。

また、最近トライでは、「永久無料の映像授業Try IT」に力を入れています。
この「Try IT」を活用すれば、わからない問題もすぐに解決できるそうです。

家庭教師に指導を受けていても、
授業がない日の学習でつまずいてしまう事がよくあるのです。
「Try IT」は家庭学習をサポートしてくれるのです。
このキャンペーンのテスト対策は、

学校のテストだけではありません。

小学生が通う中学受験の進学塾のテスト対策でも大丈夫です。
苦手対策の克服や文章題の特訓、クラス分けテスト対策、志望校対策などのプランもあるそうです。

家庭教師のノーバスのシステム

By   2017年8月5日

今回は「家庭教師のノーバス」のシステムについて調べてみました。

ノーバスは、指導を担当の家庭教師任せにせず、ノーバス全体でサポートし、
目標を達成するためのシステムを作っています。

担当の家庭教師以外に、社員で学習プランナーの専任担任がつき、成績アップをしっかりバックアップしているそうです。
ノーバスでは、指導の中心は学習プランナーで、
家庭教師は学習プランナーによって派遣前に担当する生徒専用の研修プログラムを受けます。

この研修により、教え方や学習プランの立て方、そのほか必要な情報や知識を身につけて万全の体制で指導に臨むのです。

学習プランナーはこのように担当家庭教師の指導を行う以外に、ご家庭との連携を密に取り、生徒の状況を把握し、学習状況のチェックやカリキュラムの軌道修正を行うそうです。
指導に関しては、ノートの取り方やまとめ方、問題集や参考書の活用方法まで指導を行い、テストに関しては勉強法や出題ポイント、見直しの方法についても行っているそうです。

もちろん、生徒や保護者の相談も受けているそうです。
受験の悩みや不安など、講師には直接言いにくいこと不満や要望などがあれば、学習プランナーに相談できるのです。

もちろん、担当家庭教師と生徒のコミュニケーションは最重要課題です。
講師は授業後に指導連絡ノートを記入し、毎回保護者にご確認してもらい、
生徒の成績については、常に家庭・教師・学習プランナーが共通認識をもっているそうです。

オンライン家庭教師のCONETの指導法

By   2017年7月6日

今回は、「オンライン家庭教師のCONET」をご紹介します。

最近はオンラインで勉強を教えてくれる家庭教師が増えていますが、
同じ家庭教師でも指導の方法が様々です。

オンラインの特徴は自宅で好きな時間に家庭教師からの指導が受けられるというのが一番のメリットですが、当然登録の家庭教師の質が重要になるわけです。

例えば、志望大学が県外の場合、県外の先生を家庭教師にというのはなかなか難しいですね。

オンラインならそれが可能ですが、希望の先生がそこに登録していないと意味がないのです。

オンラインの場合特に、登録の先生をしっかりと吟味する事が必要ですね。

もう一つオンラインで重要なのが、
カメラがどこにつけられるか、
最近多いのは、Webカメラが2つというシステムでの指導、
生徒の手元と顔の両方が見えるので、
リアルな指導と大差なく、教師が生徒の状況を知る事ができるのです。

もちろん、細かな表情の変化などはわかりなくいという事もあるかもしれませんので、そういった人は、やはりオンラインよりもリアルな家庭教師を選んだ方が良いでしょう。

さて、コネットでは、講師が解説を行うだけでなく、
テストや課題も出されるそうです。

テストは授業の中で理解度を確認するもので、
何度も復習を行うそうです。

生徒の実力を子ども自身も講師も確認する事ができるので、
結果をあいまいにせず、不確かなところは再度解説し、テストを行って理解を確認するという事です。

また、授業内容全てをWeb上で保護者も確認できるので、
そういった点でも安心です。