Category Archives: 中学受験

「麻布個人指導会」

By   2015年2月16日

今回は家庭教師と個別指導教室の両方を展開している「麻布個人指導会」をご紹介します。
「麻布個人指導会」は中学受験専門の家庭教師の派遣を行っていますが、同時にマンツーマンの個人指導教室も行っています。

家庭教師と学習塾をどちらにしようかと悩んだとき、
マンツーマンは譲れないと言う人には「麻布個人指導会」のようなタイプは良いのではないでしょうか。

学習塾と言うと、個別指導塾ではあっても1人の先生が複数人指導する巡回型(かけもち式)が多いのですが、「麻布個人指導会」では、完全マンツーマンで講師も固定制と言う事です。

家庭教師と違うのは、教室に通うという点だけで、
その教室はブースに分かれホワイトボードが設置された対面式の授業です。

実は、家庭教師と個人指導教室を併用する事も可能で、
家庭教師と違って教室に行くので教務の担当の人も常駐し、問題集なども取りそろえてあるので、週2回の場合、1回は家庭、もう1回は教室と言った利用をする人もいるそうです。

また「麻布個人指導会」では、講師の質にこだわっていて、教師を本業としている人のみが指導をします。
定期的に勉強会も行い、ホームページには「安田教育研究所」代表の安田理氏を招いての勉強会の様子が載せられていました。
安田氏は早稲田大学を卒業後、大手出版社で雑誌の編集長を務め、その後教育情報プロジェクトを主宰し幅広く教育に関する調査分析を行っている人で、
中学受験に関する記事の連載も多く持っています。

「家庭教師→進学塾」

By   2014年10月2日

家庭教師と学習塾どちらが良いかと悩んでいるうちに、
家庭教師プラス学習塾と考えている人が増えていると言う事を知りました。
多くは中学受験をする人ですが、進学塾に通ってそのフォローを家庭教師や個別指導塾にお願いするわけです。

中学受験で進学塾のみという人もいますが、結構できの良いお子さんです。

もちろん中学受験の大手進学塾に入塾できる人はすでにその点でもエリートですけどね。

うちの子の場合、入塾テストがすでに難しいのではないかと思うわけです。
しかもその入塾テストで合格して晴れて塾生になっても、それからが大変なのです。

志望校に合格するにはクラスアップが必須で、
クラスアップのために家庭教師をお願いしている人もいるそうなのです。

いったん進学塾に入塾してからのクラスアップはなかなか難しく、
進学塾以外に個別指導をお願いするしかないと言う場合も少なくないわけです。
そこで、家庭教師と進学塾の両方ではなく、
先に家庭教師と言う方法がある事を知りました。
実は後で個別指導をプラスするよりも効果的で経済的でもあるのです。

もちろん、初めに個別指導、途中から進学塾をプラスするのが一番良いのでしょうが、
経済的な事を考えると、個別指導→進学塾が良いのではないかと思うわけです。
個別指導では自分から勉強する気持ちや勉強の方法を教えてもらい、
まずは自分で勉強する事を身につける。

それができれば、いざ中学受験を考えて進学塾となっても、
良い状態で入塾できるのではないかと思うのです。

「インターネット家庭教師Netty」

By   2014年9月12日

 

個別指導を希望する場合、家庭教師か個別指導塾か、あるいは家庭教師のなかでもインターネット家庭教師を利用するという方法があります。

 

さて、今回は家庭教師と個別指導塾の両方を展開している「ノーバス」のインターネット家庭教師「Netty」について調べてみました。
インターネット家庭教師はカメラやマイク、スピーカーが接続されたパソコンを利用してインターネット上で映像や音声、資料を共有しリアルタイムに個別指導できる家庭教師のシステムです。

「Netty」では、映像と音声を使った「リアルタイム対話機能(テレビ電話です)」、講師や受講生がお互いに文字や図を描きリアルタイムにお互いが見る事ができる「ホワイトボード機能」、ハンディスキャナを使って紙の教材をホワイトボードに取り込む事ができる「スキャナ機能」、もちろんホワイトボードに取り込めば講師、生徒共に書き込み可能です。

また家庭教師が生徒に指導している様子を第3者がモニタリングする機能や個別チャット、ファイル転送機能も付いています。
小学生のコースでは「勉強の習慣づけコース」「文章題克服コース」「読解力アップコース」「中学受験準備コース」「集中力アップコース」「漢検・数検コース」「英語入門コース」「私立小サポートコース」があります。1コマ50分で週1・月4回で小学1・2・3年生の場合8000円、小学4・5年生の場合9000円、小学6年生の場合10000円です。

中学受験のコースとなると、1~4年生は12000円、5・6年生は14000円となっています。

 

「学習塾vs家庭教師 夏期講習の違い」

By   2014年7月17日

家庭教師の場合、夏期講習と言ってもオーダーメイドと言われれば、はっきりどんな勉強をするかわからないのですが、塾の場合どんな内容をどのように勉強するかと言う事が
あらかじめわかっているのが便利ですね。

家庭教師の場合、何をやって良いのかわからなければ先生にお任せになるので、ちょっと不安もあります。

もちろん家庭教師には家庭教師の良さがあるわけですが、
今回は学習塾や進学塾の夏期講習について調べてみました。
今回は学習塾の夏期講習について調べてみました。
「塾ナビ」で夏期講習特集をやっていたので、
塾の夏期講習がどのようなカリキュラムでどのような特徴があるのか調べてみました。

栄光ゼミナールは、7月までの総復習と9月からの先取り学習を行い、受験などのコースによりそれぞれ分かれ4日単位のカリキュラムになっています。

夏期講習の体験も可能で、少人数グループ指導は教材費2160円のみで無料体験、個別指導は80分4回の1講座を4320円で2講座まで体験できるそうです。

また体験では授業のない日にも使える自立学習室「i-cot」も体験できわからないところを教師に質問する事ができます。

こういったシステムは家庭教師と同じような方法ですね。

一斉指導+個別指導になっているようです。

また、夏期体験講習生は夏期総合模試を無料で受験でき夏の成果をチェックする事ができるようになっています。

栄光ゼミナールは、小学校、中学校、高校の他に中学受験のコースもあるので、
まずは体験からと言うのも良い方法でしょう。

「家庭教師と個別指導塾」

By   2014年3月11日

最近は、家庭教師か学習塾かではなく、両方と言う選択をしている人が増えていると言います。

多くは受験生の場合で、進学塾の勉強を家庭教師に見てもらうという方法です。

受験を考えている人、特に中学受験を考えている場合どうしても進学塾を利用するという人が多いと思います。

今年の中学入試でも、合格者の人数を見てみると、 ほとんど大手進学塾の生徒である事がわかります。

ただ、それでも進学塾の授業だけではだめなのか、 家庭教師をプラスするのです。

これは進学塾だけでは足らないと言うより、 進学塾の授業だけでは、全てを理解して定着するには至らないと言う事でしょう。

内容があまりにも膨大なので、自分の理解よりも授業が早く進んでしまい、 結局授業について行けないという事もおこるのです。

進学塾の授業を受けるだけで、それをすぐに理解し、その内容を定着させ、 試験で合格答案を書けるようにすると言うまでになるのは、よっぽど優秀な子どもでしょう。

誰かの助けが必要となるのです。

親では難しいので家庭教師となるのでしょう。

ただ、受験でない場合、学習塾の授業がわからないなら家庭教師をプラスするのではなく、 家庭教師に変更する、あるいは他の学習塾に変えるという方法もあるでしょう。

最近は個別指導の学習塾もあるので、 学習塾のノウハウを持ちながらの個別指導と言う事で良いかもしれません。

学習塾の良さと言うのは、先生が他の生徒や他の先生についても良く知っているという事で、それで個別指導が受けられるならお得なのかもしれませんね。

 

「中学受験しなくても家庭教師?」

By   2013年12月11日

前回、中学受験するなら、進学塾プラス家庭教師が良いというお話をしましたが、 中学受験しない場合はどうなのでしょうか。

今までは中学受験しないのなら、家庭教師はいなくても良いと考えていました。

ただ、公立中学のレベルがどんどん下がり、 やはり、子どもを私立に通わせたい、あるいは公立でも中高一貫校に通わせたいという人が増えて来たのです。

最終目的としては、子どもが自分の夢をみつけてがんばってくれれば良いのですが、 そのために、どういう大学に行けば良いのか、そしてそのために中学高校があるのでしょう。

ただ、実際には小学校のうちに将来の夢を決定して、がんばって行くという事は難しいです。

もし、子どもが夢をみつけているのなら、 親として、そこまでの道筋を提案し一緒に考えてやる事もできます。

当然中学受験が必要なら、それも考えなければなりません。

ただ、子どもがまだ何も決められないでいる時、 自由に伸び伸びさせてやるべきなのか、 何かみつかった時のために準備しておくべきなのかが問題です。

もちろん、準備するものがあれば、準備したい気持ちは親なら誰しもあるでしょう。

そう考えた時、中学受験しなくても、家庭教師なのか? とも思えるのです。

早め対策で、中学受験しなくても家庭教師にみてもらって、 いつでも、自分の希望の学校、希望の道に行けるようにしておいてやるのも、 親の務めかもしれないと思うのです。

例えば、そのための家庭教師は、もしかしたら勉強ではなく、 野球やサッカー、ピアノやヴァイオリンかもしれませんが・・

 

 

「小学生の家庭教師利用法」

By   2013年11月22日

家庭教師か学習塾、どっちが良いかと考えた時、 まずは、中学受験をどうするかという問題があります。

中学受験をしないのであれば、家庭教師も学習塾も必要ありません。

学校の勉強だけで充分なのです。

ただ、その学校の勉強について行けないから、塾や家庭教師を選ぶという人もいるわけです。

その場合は、学校の勉強を上手く利用できる方法を指導してくれる先生が良いでしょう。

塾の宿題をやるために、学校を休んだり、 授業中に塾の勉強をしたりするのは本末転倒です。

これは、単に学校の授業を無視するのが良くないとか、 そういう事を言っているわけではありません。

小学校の時期こそ、学校の授業を有効に使うべきだからです。

ただ、そのためには、やはりある程度自分で勉強方法を習得する事が重要です。

小学校の先生も初めにノートの取り方など、 細かな勉強方法を指導してくれるはずです。

それがきちんとできない先生もいないわけではありませんが、 子どもがちゃんと授業が理解できているかは、 親として時々チェックが必要です。

今は中学受験を考えていなくても、考えた時取りこぼしのないように、 あるいは、中学校になって急に勉強がわからないという事がないように、 家庭教師あるいはママ家庭教師のフォローが必要なのです。

中学受験をする場合、家庭教師も塾も考えてないというのは、 ちょっと無理があるかもしれません。

中学入試には、小学校では習わない問題も出されるからです。

現在は、どちらかというより進学塾プラス家庭教師という人が増えているそうです。

 

家庭教師の先生の一言

By   2010年2月24日

子供の中学受験が終了し、ホッと一息入れている我が家。

しかし、家庭教師の先生に、受験が終わるということはなく、今度は平成23年度入学する子供たちのために、先生はほかの生徒のもとへと家庭教師にいくのです。

受験生本人も辛いけど、指導者も結構大変ですね。
だって、終わりのない受験と永遠と向き合っていかなくてはいけないから。

まあ、受験が終われば、気分はいったんリセットされるのでしょうが。
大変だなって思います。

中学受験も子供たちにとっては生まれて初めての試練と言うことで、うちの子供も受験数日前からお腹の調子が悪くなって試験当日どうしようかとおろおろしたものです。
やはりストレスがかかっていたのでしょうね。

家庭教師の先生が、「特別なことは何もしなくてもいい。模試と同じ感覚で受験を受けてきなさい」って言ってくださったおかげか、試験当日は、お腹の調子は万全とは言わないまでも、下痢は解消されたようで、試験に集中できたようです。

試験当日の体調ってすごく大切。

だからこそ、試験慣れしておくためにも、模試は大切なのですよね。
子供の受験風景を想像することはできないけど、自分が学生時代に経験した受験を思い出してみると、やはり試験会場は独特の空間。

特に受験本番は、らくらく合格すると思われていた試験で、緊張してしまい、不合格になったつらい経験がある私としては(本命は合格したのですが)、やはり場馴れするためにも、本命前にどこか試験を受けることをお勧めしますね。

精神的ストレスは、体にすぐに表れますから。
そういった意味で、やはり家庭教師の先生の言葉は、子供を非常に精神的に安定させてくれたんだなって思います。

家庭教師のおかげです

By   2010年1月27日

中学入試も無事に終わりました。
結果から言うと・・・

残念ながら、第一志望の学校はだめでしたが、第二志望の学校に、繰り上がり合格!
わが子ながら、なんともギリギリセーフといったところでしょうか。
それでも、スタートが遅いなんて言われながらも、家庭教師の先生にマンツーマンで指導してもらったおかげで、無事進路も決まり、ほっとしています。

ということで、我が家の子供の家庭教師は終了し、感謝の意味も込めて、週末にはホームパーティーをするつもりでいます。

とうとうこの家庭教師のブログも終了・・・
いえ、実は、うちの子供がたとえ第二志望とはいえ、合格したこと、先生の指導能力が素晴らしかったことなどから、私の姪の家庭教師をやってもらうことになったのです。

姪は今年小学5年生になります。
中学受験対策に家庭教師をつけるのであれば、早すぎず、遅すぎず、ちょうどいい時期。
ただ、誰かいい人はいないかと思案していたところ、我が家に指導に来ていた家庭教師の先生がいいと、白羽の矢が立ったということです。

家庭教師の口コミとは、こういうことを言うのでしょうか。

やはり受験となると、誰だって、腕の良い先生に指導してもらいたいですよね。
中学入試といえど、子供の将来に大きく影響してくる大切な受験ですから、親としてはできるだけのことはしてあげたいですからね。

妹夫婦の気持ちは痛いほどよくわかります。
ということで、週末は、我が家にとってはありがとうの気持ちを込めて、そして妹一家も集まって、これからよろしくという気持ちを込めてのパーティーになりそうです。

家庭教師のおかげです

By   2009年12月11日

中学入試まで残りあとわずか!
ここまでなんとか頑張ってきている子供を拍手してあげたい気持ちですが、本番はこれからなのだから、そこはぐっとこらえて、勉強に励んでもらいます。

遅まきながらの中学入試スタートということで、これは個別で指導してもらう必要があると判断し家庭教師をお願いしているわけですが、その判断は間違えではないようですね。

子供のモチベーションが下がってきているとき、伸び時など、子供の小さな変化を親の私たち以上に早く察知してくださり、必要に応じて喝を入れてくださったりと、私たちをここまで導いてくださったのは、家庭教師の先生のおかげだと思っています。

心配なのは、お正月です。
正月休み明けからどんどん中学入試が迫ってきます。

いまさら新しいことを詰め込むことは難しくなってくるでしょうが、1回だけとはいえ、家庭教師の先生が来ない日、冬休みをだらけずにこのままモチベーションを下げずに行くためのわたしたち親の心構えみたいなものも家庭教師の先生からレクチャーしていただきました。

プレッシャーにならない程度に受験生として勉強するようにということのさじ加減が非常に難しいところですが、せっかく今まで家庭教師の先生とともに中学入試に向けての勉強に励んできたのだから、その時間を無駄にしないよう、悔いが残らない様な後残り1カ月を送っていってほしいものです。

新型インフルエンザのおかげで家族全体が外出したいという気持ちがうせ、かえって受験勉強に子供も集中できたかもしれません。

さあ、子供よ、残りあとわずかを駆け抜けるのだ!