Author Archives: 家庭教師を探して

家庭教師に依頼する仕事

By   2017年10月2日

家庭教師はどう利用するかが重要です。

例えば学校の授業について行けない時、
中学受験のために塾通いをしているがその授業について行けない場合、
家庭教師のサポートが必要となります。

子供がついて行けなくなった状況を分析できるのはプロだけだからです。

そうでない場合は、家庭教師は必須ではありません。

子供が家で勉強しない、家庭教師に監視してほしいという人がいます。
この場合、家庭教師でなくても良いわけです。

親が監視して勉強をさせれば良いわけですが、
それができないということであれば、
親子で約束する、ノートに勉強の計画を書き、
きちんとやったらシールを貼るなど、工夫をして子供が勉強するように仕向ければ良いのです。

一番良いのは、子供がリビングで勉強できるようにしておけば、
晩御飯の支度をしながら子供の勉強を見守ることもできるでしょう。

勉強自体がわからないわけではないので、
側にべったりくっついて監視するより、遠くから見守るという方が良いでしょう。

では、授業について行けないということ以外に、
家庭教師に指導を受けたいのはどのような時でしょうか。

これは、勉強方法がわからない時、
効率的な勉強法を知りたい時です。

例えば、長時間勉強しているのにも関わらずあまり成績が上がらない、
忙しくて勉強時間が少ししか取れない場合です。

効率的な勉強法は、やはり専門家に教えてもらうべきでしょう。

もちろん、効率的な勉強法を保護者が勉強して子供に教えるということでも良いでしょうが、家庭教師を利用する場合、プロの仕事を依頼しましょう。

トライ 定期テスト3回短期コース

By   2017年9月25日

9月になって、すぐに定期テストという人も多いと思いますが、
家庭教師のトライでは、お試しキャンペーンとして、
「定期テスト3回短期コース」を実施しているそうです。

このコースはテスト前のみ1科目から受講できるそうですがどんな指導なのでしょうか。
夏休みに宿題の計画と試験勉強の計画を立てたものの、計画通り勉強できなかったという方もいるでしょう。
計画通り勉強できなかったから、試験までにきちんと対策できないかも・・
と思っている人もいるかもしれませんが、トライの家庭教師はそういった人でも試験に間に合うよう、指導してくれるそうです。

トライでは教育プランナーの「トライさん」が一人ひとりに合わせた学習プランを立ててサポートしてくれるそうです。
トライの家庭教師は豊富な指導経験があります。
家庭教師の指導という事で、通っている学校の出題傾向に合わせ、
一人ひとりに合わせた指導ができるのです。

また、最近トライでは、「永久無料の映像授業Try IT」に力を入れています。
この「Try IT」を活用すれば、わからない問題もすぐに解決できるそうです。

家庭教師に指導を受けていても、
授業がない日の学習でつまずいてしまう事がよくあるのです。
「Try IT」は家庭学習をサポートしてくれるのです。
このキャンペーンのテスト対策は、

学校のテストだけではありません。

小学生が通う中学受験の進学塾のテスト対策でも大丈夫です。
苦手対策の克服や文章題の特訓、クラス分けテスト対策、志望校対策などのプランもあるそうです。

家庭教師のノーバスのシステム

By   2017年8月5日

今回は「家庭教師のノーバス」のシステムについて調べてみました。

ノーバスは、指導を担当の家庭教師任せにせず、ノーバス全体でサポートし、
目標を達成するためのシステムを作っています。

担当の家庭教師以外に、社員で学習プランナーの専任担任がつき、成績アップをしっかりバックアップしているそうです。
ノーバスでは、指導の中心は学習プランナーで、
家庭教師は学習プランナーによって派遣前に担当する生徒専用の研修プログラムを受けます。

この研修により、教え方や学習プランの立て方、そのほか必要な情報や知識を身につけて万全の体制で指導に臨むのです。

学習プランナーはこのように担当家庭教師の指導を行う以外に、ご家庭との連携を密に取り、生徒の状況を把握し、学習状況のチェックやカリキュラムの軌道修正を行うそうです。
指導に関しては、ノートの取り方やまとめ方、問題集や参考書の活用方法まで指導を行い、テストに関しては勉強法や出題ポイント、見直しの方法についても行っているそうです。

もちろん、生徒や保護者の相談も受けているそうです。
受験の悩みや不安など、講師には直接言いにくいこと不満や要望などがあれば、学習プランナーに相談できるのです。

もちろん、担当家庭教師と生徒のコミュニケーションは最重要課題です。
講師は授業後に指導連絡ノートを記入し、毎回保護者にご確認してもらい、
生徒の成績については、常に家庭・教師・学習プランナーが共通認識をもっているそうです。

オンライン家庭教師のCONETの指導法

By   2017年7月6日

今回は、「オンライン家庭教師のCONET」をご紹介します。

最近はオンラインで勉強を教えてくれる家庭教師が増えていますが、
同じ家庭教師でも指導の方法が様々です。

オンラインの特徴は自宅で好きな時間に家庭教師からの指導が受けられるというのが一番のメリットですが、当然登録の家庭教師の質が重要になるわけです。

例えば、志望大学が県外の場合、県外の先生を家庭教師にというのはなかなか難しいですね。

オンラインならそれが可能ですが、希望の先生がそこに登録していないと意味がないのです。

オンラインの場合特に、登録の先生をしっかりと吟味する事が必要ですね。

もう一つオンラインで重要なのが、
カメラがどこにつけられるか、
最近多いのは、Webカメラが2つというシステムでの指導、
生徒の手元と顔の両方が見えるので、
リアルな指導と大差なく、教師が生徒の状況を知る事ができるのです。

もちろん、細かな表情の変化などはわかりなくいという事もあるかもしれませんので、そういった人は、やはりオンラインよりもリアルな家庭教師を選んだ方が良いでしょう。

さて、コネットでは、講師が解説を行うだけでなく、
テストや課題も出されるそうです。

テストは授業の中で理解度を確認するもので、
何度も復習を行うそうです。

生徒の実力を子ども自身も講師も確認する事ができるので、
結果をあいまいにせず、不確かなところは再度解説し、テストを行って理解を確認するという事です。

また、授業内容全てをWeb上で保護者も確認できるので、
そういった点でも安心です。

アプラスの家庭教師

By   2017年6月10日

今回は、様々なケースに対応している「アプラス」の家庭教師をご紹介します。
例えば、アプラスの家庭教師は宿題代行もやっています。

答案作成や国語・英語の小論文作成の代行も行っています。

対象は小学生から大学生で、例えば通信制大学の学生から、微分・積分解析学の問題が自力で解けないということで、答えまでの道筋と解答を作るという依頼を受けたこともあるそうです。

1問500円、論文なら400字原稿用紙1枚で2000円ということです。

また、アプラスは社会人対象の家庭教師など、様々なコースを開講しています。

公務員試験対策や薬学部受験、看護学校受験などの対策も行っています。

もちろん、中学受験、高校受験、大学受験の指導も行っており、
それぞれ専門科目の家庭教師に指導を依頼することも可能です。

さて、家庭教師紹介の方法について見てみましょう。

まず、どういった講師を希望しているかを希望の曜日・時間とともにたずね、
最も合う教師の空き状況を順番に確認し、みつかったらその教師の詳細なプロフィールをお知らせするという形です。

その後、無料の体験授業(60分)を受けます。
60分の面接も可能で、全て無料となっているそうです。

また、アプラスの特徴は、体験後いったん指導が始まっても、
何度か授業を受けて納得が行かなければ、解約が可能だということです。

お試し感覚で指導を開始できるのです。

プロ家庭教師の場合、特に利用するのに敷居が高いのですが、
気軽に利用できるサービスなのです。

ノーバスの定期テスト対策

By   2017年5月2日

最近は、中学生で家庭教師を利用する人が増えているそうです。
共働き家庭が増えているのもありますが、子供が中学生にもなれば、今まで専業主婦だったお母さんでも、働き始めているのではないでしょうか。

そのため、親も子も忙しく、塾より家庭教師を選ぶという人が増えてくるのです。

中学生になって、家庭教師の指導を受けるという場合、
定期テスト対策は外せませんよね。

そこで、今回は、定期テスト対策に力を入れている、
「ノーバス」の家庭教師について調べてみました。

ノーバスでは、弱点を徹底的に分析し、弱点を克服します。
ノーバスの「定期テスト対策コース」では、教師・内容・指導方法・スケジュールなどを自由に選び、自分専用のカリキュラムをオーダーメイドできるのです。
生徒一人ひとりに合わせて、苦手な所を集中的に学習できるので、確実に成績をアップすることができるのです。

現在キャンペーン中なので、申し込めば、定期テスト予想問題が無料でもらえるそうです。
定期テスト前の短期の家庭教師も可能だということです。

テスト対策だけ家庭教師を利用することもできるそうです。

ノーバスでは、定期テストを克服するために、
まずは、日々の授業にしっかり望める態勢をつくるそうです。

定期テストは教科書から出題されるので、
まずは「授業」だからです。
きちんと授業を受けられるよう、
テストのまでの時間を意識しながら計画的に学習をして行くということです。

そして、重要なのが、テスト後です。
テストが終わったら、もう一度試験範囲の内容を確認し、間違えた所を見直すことによって、知識を完全に定着させて行くということです。

web showin オンライン学習塾

By   2017年4月23日

今回は「web showin オンライン学習塾」をご紹介します。

「web showin オンライン学習塾」は、名前に学習塾とありますが、
オンライン上で家庭教師の指導を受けることができます。

ネット学習塾のシステム、「ショウイン式」学習法で学び、
週1回は家庭教師が家に来るのではなく、
ネットの中に家庭教師が現れるのです。

「web showin」は、小・中学生5教科の12万問題が学び放題のシステムです。

現在の学年に関係なく小1から中3までの全学年・全教科の学習が可能です。

教材費は月謝の中に組み込まれていて、
全学年どの問題も利用可能です。

わかるところから始め、わかるまで先に進めないシステムで、
わかるまで繰り返すシステムになっているそうです。

学習塾の場合、講義を受ける「インプット」の学習が多いのですが、
「web showin」では、問題に答えて行く「アウトプット」学習です。

また、家庭教師の個別指導により、アウトプットの学習をサポートしています。

まず、パソコンやiPadで問題を解き、
その中でノートの書き方も徹底指導するそうです。

このノートは東大生もやっている7つの法則をとりいれたショウイン式専用ノートです。

勉強するとコインが貯まるシステムになっていて、
1000ポイント集まるとプレゼント(ギフト券)が受け取れるムーンストーンに交換できるそうです。

まず、自分で勉強の目的を考え、自分から勉強するように仕向けます。

自分で考え、家庭教師がサポートするというスタイルで、力をつけて行くということです。

家庭教師は、定期的に無料TV電話による学習指導を行うということです。

家庭教師付きベビーシッター

By   2017年3月10日

家庭教師をお願いする場合、子どもが何歳くらいの時が良いのでしょうか。

子どもに習い事をさせる場合、例えばピアノを習わせようと考えたとして、
子どもが2歳、3歳の時には、グループで指導を受けたいという人が多いのではないでしょうか。

いずれはピアノを個人で習うにしても、
1歳~2歳のうちは、グループでリトミックをやると言った事を希望する人が多いのです。

そう考えるとマンツーマンの家庭教師は、子どもがある程度の年齢になって考えるべきなのでしょうか。

家庭教師をメインに考える場合、子どもの教育を考えれば当然そうかもしれませんが、「託児」を考えた場合はどうでしょうか。

最近、家庭教師のサービスもプラスしてくれる、
託児サービスが人気のようです。

保育園に子どもを預けたいのだけど、どこにも入れない、
そんな時に利用するベビーシッターサービスに、
「知育」をお願いできる派遣会社が増えているそうです。

保育園に子どもを預けられなくてベビーシッターを頼む場合、
大変なのはその料金です。

保育園も、子どもの年齢が低いと高額ではありますが、
ベビーシッターほどではありません。

だから、働くママも何とか保育園に預けたいのです。

そこで、仕方なくベビーシッターを頼むのであれば、
プラスαのサービスを受けたいですよね。

例えば、キッズラインという、ベビーシッター派遣会社では、
登録料・月額料はかからず、1時間1000円から利用でき、バイリンガル英語や家庭教師の依頼にも対応しているそうです。

マナボの活用法

By   2017年2月9日

集団塾より個別指導塾、個別指導塾より家庭教師の方が、
1時間当たりの指導料金が高いわけですが、
同じ1時間の指導でも、より効果があるから、高いお金を出す気持ちになるのです。

受験指導にしても、試験までの日数が少なければ、高くても家庭教師を選んで、
カリキュラムを組んでもらい効率的な指導を受けた方が良いでしょう。

ただ、質問してそれに答えてもらえれば良いといった場合もあるでしょう。

カリキュラムを組んでもらうような事をするのではなく、
学校の先生に放課後質問するような気持ちで家庭教師を利用したいという人もいるでしょう。

その場合、高いお金を払って家庭教師を利用するのがもったいないという場合もあるでしょう。

そんな時に利用できるのが、「マナボ」です。

1ヶ月1時間で料金は3500円、3時間で10000円、9時間で27800円です。

多く利用すると割引があるようなので、
3時間で10000円という事は、6時間では20000円以下という事です。

6時間というと、一般的な家庭教師が週1・90分授業で4回と同じ時間、
20000円なら安い方でしょう。

ただ、何度もいうように、カリキュラムを細かく組んでくれるといった指導はないので、
勉強のやり方はわかるけど、わからない問題が出てきた時に利用したいといった人に向いているサービスです。

わからない問題があった時に、スマホで問題を撮影し送信すると、
教えられるチューターが平均7分で立候補するので、
立候補したチューターの中から一人を選んで教えてもらいます。

指導方法はチャット・無料通話・ホワイトボード・画像共有で指導を受けます。

マンツーマンが最高ではない!

By   2017年1月20日

家庭教師はどういう時に利用すれば良いのでしょうか。

実は最近増えているのがスポーツを教えてくれる家庭教師、
そしてダイエットの家庭教師です。

この2つの共通点は、身体が関係する事です。

身体の状況は一人ひとり違うので、当然個別指導でなければ無理なのです。

もちろん、一斉に指導する事もできるでしょうが、
必ず個別対応になるはずです。

楽器を習う場合、個別指導が多いのもそのためです。

身体を使ってやる事は個別に対応しないとできない事が多いのです。

さて、では一般の勉強を教えてくれる家庭教師はどうでしょうか。
集団指導をしてくれる塾ではダメなのでしょうか。

勉強に関してももちろん、一人ひとり考え方や理解しやすい方法、経験などは違うので、
色々な事を学習する時に、個別指導の方が有効な事もあるでしょう。

例えば、小学校で2桁のたし算の筆算を習った時、
1人の子が、繰り上がりがわからなかった場合について考えてみましょう。

他の全員がしっかり理解しているなら、1人の子だけのために時間を割いて、
その子どもが一番わかりやすい方法でわかるまで指導してあげる事が望ましいわけです。

ただ、他の子どもも習ったばかり、そこまで深くわかっているわけではなければ、
「わかってはいるけれど、まだ不安だという子どもたち」が、
「わからない」という子どもに、授業の中で説明してあげるのも良いかもしれません。

そうすると、説明した子もより深く理解する事になるでしょう。

そして、わからなかった子どもも、友達に教えてもらう事で、
新しい発想が生まれるかもしれないのです。

家庭教師の場合1対1なので、良い指導はできますが、
1対1でない方が効果が上がる時もあるのです。