By   2018年6月9日

家庭教師や塾に通っていても、
思うように成績が上がらないといった悩みを抱える生徒や保護者は多いでしょう。

ですが、なぜ成績がなかなか上がっていかないのかわからないことの方が多いように思います。

以前成績アップのためにはどのような対処が必要なのか書きましたが、
子どものモチベーションについてもしっかりと考えていく必要があります。

子どもをいかに本気にさせるかは、成績アップにも大きく関係しています。

本気になるかどうかはモチベーションの問題とも深く関わっているので、
子どもの好奇心の歯車を動かす何かがあるのとないのとでは成績にも影響してくるというわけです。

やる気を出させるには、勉強の楽しさに気付かせることがオススメですよ。

勉強が嫌いな子や苦手な子は、
その理由として「できないから」、「つまらないから」といった気持ちを持っている子が多いです。

こうした思いがある場合、我慢して勉強させようとすることの方が難しくなります。

でも、できない・つまらないは解消することができるんです。

学習の目標に対しての親しみを持たせ、
学習者である自分が積極的に取り組めるようにするには、
「やればできそう」と思わせることです。

具体的なゴールを明示して、成功の機会を与えます。

そうすると自分でもできると思え、
自分の努力で成功する経験が増えていけば、
やればできるんだと思わせることができるでしょう。

学習の結果を無駄にしないように、目標を達成したら思いっきり褒めてくださいね。

子どものやる気を引き出すには、保護者のサポートがあってこそなんですよ。