By   2017年12月23日

最近、共働きでも小学校受験、中学受験を考える人が増えているそうですが、
そういう共働き家庭では、子供を幼稚園にも通わせた上、受験のために塾に通わせるというのは難しいことです。

ただ、幼稚園受験や小学校受験で重要なのは、
幼稚園への送り迎えの親子で過ごす時間、
バタバタと朝の支度を急がせている時間なのです。

共働きの場合、送り迎えだけでも大変ですよね。
そういう時に利用できるのが、今注目が集まっている教育シッターです。

教育シッターというのは、ベビーシッター、キッズシッターをしてくれる家庭教師です。

「ル・アンジュ」という派遣会社では、
ベビーシッターもでき、運動の指導ができる家庭教師、バイリンガルの家庭教師、希望の言語を母国語としている家庭教師を派遣してくれるということです。

教育シッターはお母さんが普段やってあげたいこと、
幼稚園受験・小学校受験に必要なことを代わりにやってくれる存在です。

「ル・アンジュ」によれば、
合格する子供は、第一志望校だけでなく複数の学校に合格しているそうです。

つまり学校側が求めている子供はどこも同じなのです。

そして、子供というより合格できる家庭に共通点があるそうです。

目覚めてから登園するまでの数時間をどう過ごすかは重要で、
シッターがそれをお母さんの代わりにやってくれると同時に、
お母さんができるようにもアドバイスしてくれるのです。

「ル・アンジュ」では、教育シッターは、幼・小学校受験合格経験者が担当し、
受験のための行動観察などの指導は幼・小学校受験対応の幼児教室講師経験者が担当しているそうです。