By   2017年6月10日

今回は、様々なケースに対応している「アプラス」の家庭教師をご紹介します。
例えば、アプラスの家庭教師は宿題代行もやっています。

答案作成や国語・英語の小論文作成の代行も行っています。

対象は小学生から大学生で、例えば通信制大学の学生から、微分・積分解析学の問題が自力で解けないということで、答えまでの道筋と解答を作るという依頼を受けたこともあるそうです。

1問500円、論文なら400字原稿用紙1枚で2000円ということです。

また、アプラスは社会人対象の家庭教師など、様々なコースを開講しています。

公務員試験対策や薬学部受験、看護学校受験などの対策も行っています。

もちろん、中学受験、高校受験、大学受験の指導も行っており、
それぞれ専門科目の家庭教師に指導を依頼することも可能です。

さて、家庭教師紹介の方法について見てみましょう。

まず、どういった講師を希望しているかを希望の曜日・時間とともにたずね、
最も合う教師の空き状況を順番に確認し、みつかったらその教師の詳細なプロフィールをお知らせするという形です。

その後、無料の体験授業(60分)を受けます。
60分の面接も可能で、全て無料となっているそうです。

また、アプラスの特徴は、体験後いったん指導が始まっても、
何度か授業を受けて納得が行かなければ、解約が可能だということです。

お試し感覚で指導を開始できるのです。

プロ家庭教師の場合、特に利用するのに敷居が高いのですが、
気軽に利用できるサービスなのです。