By   2016年11月4日

小学生から家庭教師は必要なのでしょうか。

低年齢ほど教育を重要視している国もありますが、
日本では、大学受験のために考えられた教育です。

幼児の英才教育、中学受験のために小学生から家庭教師をつける、
全て良い大学に入り、良い企業に就職するためです。

私も、東大に入ってほしいとは思わないまでも、
子どもが将来自分がなりたいものを見つけた時困らないように、
ある程度の学力は身につけてやりたいと思っています。

そのために幼児期に家庭教師と言う事も考えましたが、
お友達と遊ぶという事を考え、幼稚園をこだわって探しました。

そして、私が家で、まさしく家庭教師として接したのです。

ただ、子どもが小学校、中学校になってくると、
具体的な勉強を教える人が必要になって来ます。

私がやっていたのは、一緒に考える事、様々な事に興味を持つといった事です。

それでうまく育っているとは思いますが、今度は具体的に算数や国語を教える家庭教師にならなければならないのです。

そこで、最近気になっているのが「スタディサプリ」です。

1ヶ月980円なのでチャレンジよりも安い、
しかも動画で先生が丁寧に教えてくれるから、
本当の家庭教師のようです。

スタディサプリの小学講座は4年生からで、
動画の授業を見て、その後ドリルをやるようになっています。

厳選されたドリルで、解くだけで理解度がわかるようになっているそうです。

ネット学習なので、ボタンを押すだけで自動で答え合わせができます。

苦手がわかる事で復習にも役立つそうです。