By   2015年12月7日
自分で予定を立てられる、効率的に勉強できる、自分を知っている、
何を勉強すれば良いかわかっていると言った人ならなにも家庭教師を利用しなくても良いでしょう。
進学塾や学習塾に通って、自分の足りない部分を補えば良いのです。
もしかしたら、家庭教師どころか塾さえ必要ない人もいるかもしれません。
参考書を読めばすぐに理解できる人なら、わざわざ高いお金を払って塾に通う必要もないわけです。
塾ではカリキュラムや講座がはっきりしていて、自分が受けたいものがあれば、必要なものがあればそれを受講すれば良いわけです。
つまり、必要なものがわからない人は、塾に行く事が無駄になるかもしれないわけです。
一方家庭教師は、一人ひとりの生徒を分析し、カリキュラムなどを個別に作ってくれるので、
自分が何をすれば良いかわからないという生徒にはもってこいです。
だからと言って家庭教師に頼りきりと言うわけには行かないので、
自分でどうやって勉強すれば良いかも家庭教師の先生に指導してもらうようにする事が大切です。
結局、自分自身がどういった勉強をしなければならないかがわかって、
時間を作って自分で勉強する様にならなければ身につかないのです。
特に小学生の間は好きな事、楽しい事しかやらないし身につきません。
よく「勉強を好きにさせてくれる家庭教師」がいるようですが、
子どもの意欲がないならそう言った事を検討してみるのも良いでしょう。
ただし、そういったものは目に見えないので、本当に実力のある先生なのかしっかり見極める事が重要でしょう。