By   2015年11月9日
家庭教師を探していると言ってもみんなが同じ理由で探しているというわけではありません。
我が家では前回もお話ししたように、子どもに家庭学習の方法から指導してほしいわけですし、
子どもの苦手や癖などを見つけて、子どもにあった指導を行ってほしいという思いがあり、
「学習塾より家庭教師かな・・?」と考えるわけです。
ただ、中学受験を考えているお宅ならどんな勉強をすれば良いのかという事を教えてほしいという場合もあるでしょう。
勉強する内容さえわかれば、家庭教師を頼まなくても保護者がフォローできるという人もいるわけです。
そういった人は、科目ごとに専門の先生がいる進学塾に通って、
家庭学習のフォローは親がすれば良いわけです。
家庭教師では科目ごとに先生を変えるのはなかなか難しいですからね。
もちろんできないわけではないですが、結構授業料が高額になってしまうようです。
また、進学塾に通っても、先生に対してどんどん質問でき、
集団指導なのに家庭教師のような指導を受けられるタイプの子どもなら良い学習ができるでしょうが、引っ込み思案の子どもでは先生に質問をするのも難しいでしょう。
我が家の場合は、まず「わからない事がわからない」状況ですから、
そこから始めるには、進学塾や学習塾では難しいのような気もします。
家庭教師にお願いして自分自身で勉強できるようになれば、
進学塾に通ってもうまくいくかもしれませんね。
家庭教師の先生に子どもを指導してもらって、「まずは始めるところから・・」という事なのです。