By   2015年10月9日

個別指導と言う事で考えれば学習塾と家庭教師のどちらが良いでしょうか。

つまり個別指導塾と家庭教師のどちらを選ぶかと言う事です。
1対1の個別指導塾で考えるのであれば、塾に通うか先生に来てもらうかと言う事の違い、あとは塾に行けば様々な資料もあるからそう言った事はメリットになりますよね。

家庭教師の先生がいくら勉強家で熱心な先生でも、本棚ごと持って来てくれるわけではないですからね。

と言っても、様々な教材を持ち歩く事は昔ほど大変ではないわけです。

例えば指導用教材をiPadなどのタブレット端末で持ちある事もできますし、
参考になるサイトをブックマークしておけばいつでも使えるわけです。

そう考えれば家に家庭教師に来てもらう事が嫌かどうかと言う問題、
子どもを塾に通わせるのが時間的に難しい、あるいは危険だと考えるかどうかと言う問題について考えるべきかもしれません。

1対2や1対3の個別指導塾に関しては、初めから考えていませんでした。

授業のほとんどが演習で、その演習した問題を解説するだけなら、
主人や私でもできるので・・・

私も主人も子どもの宿題を解く事はできるのです。
では家庭教師に何を求めているかと言えば、
「効果的な指導」です。

できなかった問題の解き方を指導すると言う事ではなく、
子どもの現状を把握して分析し、これからの勉強法を考えてくれる事です。

例えばノートの取り方、学校での授業の受け方、家庭学習の方法を指導してくれる先生が欲しいのです。