By   2015年4月22日

子どもによっては集団指導に向くタイプと家庭教師の様な個別指導に向くタイプがあると思いますが、
指導内容によっても家庭教師が良い場合とグループ指導の方が良い場合があるのではないでしょうか。

子どものタイプとして言えば、集団の中で自分を発揮できない、あるいは他の子どもさんがいると先生に質問できないタイプの場合家庭教師の方が良いのではないでしょうか。

まあ、実際には社会に出れば他の人と関わりながら生きて行かなければならないので、
他の人がいるから勉強できないようでは困るわけですが・・・

うちの子はそんなタイプではありませんが、集団塾に通うと隣の子とおしゃべりするなど、勉強するより友達との関わりのために塾に通ってしまうような気がします。

学校に行くのも勉強より友達と遊ぶために行ってるわけですから・・・

まあ、学校はそれでも良いと私は思っているわけで、
人と上手くやっていける事は将来生きて行くために重要な事ですからね。
と言っても、塾や家庭教師にそれを求めているわけではありません。

これから中学受験(しないとしても)、高校受験、大学受験のために、
自分自身勉強する事、考える事を覚えて行って欲しいわけです。

現在子どもはギャングエイジと呼ばれる年齢、
実際には集団で学習をする方が子どもの発達につながると言う事なのですが、
子ども達が関わりを持ちながら学習できるような学習塾はみつかりません。

みんながただ机を並べて勉強するだけなら、家庭教師の方が効率が良いような気もするのです。