By   2015年1月24日

家庭教師はどういう時に必要なのでしょうか。

秋篠宮家の佳子様が昨年8月学習院大学を中退され、
国際基督教大学(ICU)の教養学部を受験、合格されましたね。

この4月から国際基督教大学(ICU)の学生となられるそうですが、
合格のために家庭教師をつけて猛勉強されたと言う事です。

一般人でも大学を中退なんて勇気がいるのにすごいですよね。

宮内庁によれば、8月末で学習院大学を中退された佳子様は姉の眞子様も学ばれたICUのAO入試に挑戦されたそうです。
10月24日に合格が発表されたのですが、他の受験生への影響を考慮して入学手続きが締め切られるまでは公表を控えていらっしゃったそうです。

家庭教師と言うのはわかります。

小論文と面接と言う事ですが、中退してまでどうしても行きたい大学があるのですから当然でしょう。

家庭教師と言うのはそういう時に利用価値が上がるのではないでしょうか。

時間がない時、どうしても行きたい学校がある時です。

大学や高校、中学にしても、個人個人に特化した志望校対策を実施してくれるのが家庭教師です。

佳子様がICUに決めたのは一昨年の夏にアメリカ・ボストンで1ヶ月のホームステイを経験された事も大きいと言います。
ICUで英語を修得し眞子様のように留学も視野に入れているのではないかと言われています。
受験勉強を見てもらった佳子様の家庭教師もICUのOGで眞子様がイギリス留学のエディンバラ大学へ留学される際に下準備したという方だそうです。

希望通り合格された佳子様、頑張って欲しいですね。