By   2014年12月9日

家庭教師と学習塾を比べる時、集団指導と個別指導の違いがあるわけですが、
同じ学習塾でも個別指導塾なら、家庭教師と同じ個別指導ですから、
単に家庭教師と塾どちらにメリットがあるかを考えられるのではないでしょうか。

ものを比べる時に、そのものの全てを比べると言う事はなかなか難しいわけです。

例えば、菓子パンの値段とステーキの値段は決められないわけです。

ただ、今あるお金で食べられるものを考えるなら、
予算内でどちらが良いのかと言う事が比べられるでしょう。
そう考えると、家庭教師を選ぶのか塾を選ぶのかと言う事を考えた時も、
外せないポイントや条件をまずは決めてしまう事が重要なのではないでしょうか。

問題が個別指導か集団指導かと言う事なのか、
個別指導ありきなのかと言う事では選び方を変えなければならないでしょう。
個別指導と集団指導と言う事で考えるのなら、
まずは同じ学習塾の中で、集団指導の塾とマンツーマンの個別指導を行っている塾を比べてみると良いでしょう。

個別指導ありきと言う事で考えるなら、
家庭教師とマンツーマンの個別指導塾と言う事で考えてみると良いでしょう。

個別指導塾の場合、生徒が教室にやって来るので講師側としてはロスがありません。

そのため個別指導塾の講師が家庭教師として自宅に来てくれる場合は1時間の料金が高くなっているはずです。

これは交通費ではもちろんありません。

出張費と言った名目の様なもので講師の時間的ロスが費用に含まれているわけです。

ただ、生徒側には時間的ロスがありませんから、多少費用はかかっても自分自身の時間を有効に使いたい場合は自宅に来てもらう方が良いわけです。