By   2014年10月2日

家庭教師と学習塾どちらが良いかと悩んでいるうちに、
家庭教師プラス学習塾と考えている人が増えていると言う事を知りました。
多くは中学受験をする人ですが、進学塾に通ってそのフォローを家庭教師や個別指導塾にお願いするわけです。

中学受験で進学塾のみという人もいますが、結構できの良いお子さんです。

もちろん中学受験の大手進学塾に入塾できる人はすでにその点でもエリートですけどね。

うちの子の場合、入塾テストがすでに難しいのではないかと思うわけです。
しかもその入塾テストで合格して晴れて塾生になっても、それからが大変なのです。

志望校に合格するにはクラスアップが必須で、
クラスアップのために家庭教師をお願いしている人もいるそうなのです。

いったん進学塾に入塾してからのクラスアップはなかなか難しく、
進学塾以外に個別指導をお願いするしかないと言う場合も少なくないわけです。
そこで、家庭教師と進学塾の両方ではなく、
先に家庭教師と言う方法がある事を知りました。
実は後で個別指導をプラスするよりも効果的で経済的でもあるのです。

もちろん、初めに個別指導、途中から進学塾をプラスするのが一番良いのでしょうが、
経済的な事を考えると、個別指導→進学塾が良いのではないかと思うわけです。
個別指導では自分から勉強する気持ちや勉強の方法を教えてもらい、
まずは自分で勉強する事を身につける。

それができれば、いざ中学受験を考えて進学塾となっても、
良い状態で入塾できるのではないかと思うのです。