By   2014年3月11日

最近は、家庭教師か学習塾かではなく、両方と言う選択をしている人が増えていると言います。

多くは受験生の場合で、進学塾の勉強を家庭教師に見てもらうという方法です。

受験を考えている人、特に中学受験を考えている場合どうしても進学塾を利用するという人が多いと思います。

今年の中学入試でも、合格者の人数を見てみると、 ほとんど大手進学塾の生徒である事がわかります。

ただ、それでも進学塾の授業だけではだめなのか、 家庭教師をプラスするのです。

これは進学塾だけでは足らないと言うより、 進学塾の授業だけでは、全てを理解して定着するには至らないと言う事でしょう。

内容があまりにも膨大なので、自分の理解よりも授業が早く進んでしまい、 結局授業について行けないという事もおこるのです。

進学塾の授業を受けるだけで、それをすぐに理解し、その内容を定着させ、 試験で合格答案を書けるようにすると言うまでになるのは、よっぽど優秀な子どもでしょう。

誰かの助けが必要となるのです。

親では難しいので家庭教師となるのでしょう。

ただ、受験でない場合、学習塾の授業がわからないなら家庭教師をプラスするのではなく、 家庭教師に変更する、あるいは他の学習塾に変えるという方法もあるでしょう。

最近は個別指導の学習塾もあるので、 学習塾のノウハウを持ちながらの個別指導と言う事で良いかもしれません。

学習塾の良さと言うのは、先生が他の生徒や他の先生についても良く知っているという事で、それで個別指導が受けられるならお得なのかもしれませんね。