By   2014年2月16日

2月や3月になると、新しい学年の事を考えますよね。 まだまだ、受験生は今からと言う人も多いでしょうが、 そうでない場合、もう次の学年について考えているはずです。

人生はリセットできないものですが、 今の学年がダメだったとしても、 次、4月から新しい学年では頑張ろうと思うのです。

でも、勉強と言うものは今までの積み重ねで、 次の学年から頑張ろうとしても、今までやっていないという事で、 結局はうまく行かず、続かないという事になってしまうのです。

基礎が重要というのも、その理由の一つです。 初めが肝心なのです。

そこで、手遅れにならないよう、 我が家でも、そろそろ子どもに家庭教師をつけようと思っているわけです。

学習塾にするか、家庭教師にするか悩みながら、 なかなか実行に移せないでいるので、この時間に子どもの勉強も取り返しがつかなくなってしまっているのでは・・・ と、たまに不安にもなります。

もし、子どもが今まで学校の勉強をきちんと理解できていないとすれば、 学習塾よりもやはり家庭教師でしょう。

学習塾に通ってもわからないまま難しい事を習い、わからない上に知識を重ねても、 結局意味のない事になってしまうのです。

もし、家庭教師でなく、学習塾を選ぶとしても、 一般的な集団指導ではなく、個別指導の学習塾を選ばないといけないのです。

ただ、実際には学校の成績が特別悪いわけではないので、 きちんと基礎ができているのかいないのかは、よくわからないわけです。 これは、どうやって調べれば良いのでしょうか。 家庭教師や学習塾が見極めてくれるのでしょうか。