By   2014年1月12日

家庭教師や学習塾を利用する時、選ぶポイントはなんでしょうか。

家庭教師や学習塾の良いところは、選べるというところです。

学校は、選べません。

もちろん小学校や中学校でも、学区外に通学する事が無理ではありませんが、 全て自由に学校を選ぶという事は不可能です。

しかも、担任の先生を選ぶ事もできません。

学校の先生が全て悪いと言っているわけではありませんが、 やる気のない先生がいる事も確かです。

また、最近は他の公務員と同じ感覚で、安易に学校の先生という職業を選んでいる人も多く、 精神的に病んでしまう人も多いと聞きます。

学校の先生こそ、強靭な肉体と精神が必要なのではないでしょうか。

ただ、そういう先生であっても、学校の先生は、辞めさせられるわけではありません。 何か問題を起こさない限り、学校の先生は仕事ができないからと言って、 例えば生徒の成績が上がらないからと言って、辞めさせられるわけでも、 給料が下がるわけでもないのです。

そして、そんな先生を生徒は選べないのです。

ところが、家庭教師や学習塾の先生であれば自由に選ぶ事が可能なのです。

これを真剣に選ばないわけにはいきません。

学校で、「もっとこうなったら良いのになあ・」と思う事を実現させましょう。 例えば、子どもが「わからない」という時にどのように説明してくれるのでしょうか。

間違っているところに「×」だけ付けて終わりではないでしょうか。

選ぼうとしている家庭教師は子どもが理解しているかいないかを把握してくれる先生でしょうか。

家庭教師と学習塾では、どちらがどういう点で勝っているのでしょうか。

しっかり吟味する必要があるでしょう。