By   2013年6月4日

先月ニュースで、小学英語を正式教科にする事や、
開始学年の引き下げについての教育会議案が話題になっていました。

朝日新聞のネットニュースによると、
「政府の教育再生実行会議(座長=鎌田薫・早稲田大総長)が、
小学校英語を正式な教科にする事や、指導開始学年の引き下げを提言する事が分かった」とありました。

グローバルな人材を育てて海外でも活躍できる日本人を増やす事が目的だそうですが、どうなんでしょう。

政府の政策は遅いとよく言われます。
英語の重要性についてはもう10年以上前から言われていた事で、
今は、中国語や韓国語だろうという意見も良く聞かれます。

また、幼児期に英語を聞ける耳を作っておく事は重要かもしれませんが、
今はそれよりも先にすべき事があるのではないかとも言われます。

もちろん英語が話せる、聴ける事は将来役に立つと思われます。

ただ、その事に関しては、今は、塾や家庭教師が担っています。
それでもよいのでは?
学校でやる事なのかとも思われます。
学校でダンスが導入された事についてもそうですが、
先にやる事ができてからと考える人が多いのもうなずけます。

今は、英語に関しては、塾や家庭教師も多くいます。
特に幼児教育の中で遊びの中で取り入れている幼稚園も多く、
ネイティブ英語の家庭教師と英語で遊ぶなどのコースもみかけます。

家庭教師だけでなく、英会話を取り入れている幼児教室も増えています。

それに比べて、子供たちの国語力の低下も問題になっています。

しかも、国語専門の塾や家庭教師は少ないのです。
国語こそ、学校で重点をおくべきなのではないでしょうか。