By   2012年12月7日

子どもの教育の事を考えると、
今は、私立中学への進学がベストだと思っています。

それができるかできないかは別としてですが・・・

ただ、実際に子どもを中学受験させるとなると、
やはり進学塾や家庭教師も必須になってきます。

高校受験や大学受験と違って、
中学受験する子ども達のほとんどが、
進学塾に通ったり、家庭教師に来てもらったりしています。
進学塾に通いながら家庭教師を頼むという家も少なくありません。

そんな中、我が家は、たちまち夏休みだけの家庭教師というのは、
あまりにも無謀でしょうか。
しかも進学塾にプラスとい場合は、アルバイトでも良いらしいのですが、
家庭教師オンリーの場合は、プロ家庭教師じゃないとダメなのだそうです。

考えてみれば、中学受験というのは、
義務教育で、受験する必要がないのに、あえて受験するという事ですから、
それだけ、余裕があるのでしょう。
私が最も悩んでいるのは、
子どもに中学受験させるなら、必ず合格させないといけないという事です。
これは、進学塾やプロ家庭教師からの話でよく聞くのですが、
「子どもの努力は報われなけばならない」という事です。

私は、頑張って失敗しても良いではないかと思っていました。
義務教育で、不合格だとしても行くところがあるのだから・・・

ただ、そうではないらしいのです。
受験する必要がないのに受験し、頑張った事が何も報われなかったと感じてしまうのだそうです。
そう考えると、進学塾の事、プロ家庭教師の事は当たり前です。
合格のために必要な時間があります。
金銭的な事で、それだけの時間、家庭教師を雇うのが無理なら、
中学受験をやめるという選択もしなければならないのです。