By   2012年10月25日

家庭教師の選び方については、色々と考えてみましたし、
これまでずいぶん調べてこられたのではないかと思います。

例えば、家庭教師は、やはり相性が重要だとか、
派遣会社の教材販売には注意とか、
相場はあってないようなものということ、
ただ、安けりゃよいという考えはまずいということなど・・・・

これは、私自身、安い先生を探していた部分があるので、反省しきりです。

家庭教師の時給を考えてみると、普段のコンビニやファーストフードの店員の時給より安くなっていませんか?
それは、おかしいと思わなければならないでしょう。

家庭教師というのは、時給という考え方は、やめた方が良いかもしれません。

例えば、有名な絵かきにイラストを書いてもらう。
5分しかかかっていなかったら・・・
ピアニストが、自分のためだけに10分だけ演奏してくれる・・
芸人が漫才を・・・

そういった職業の人は、それを職業するために今まで全てを注ぎ込んできたのです。

それを、目に見える何分かで計られたのでは、たまりません。

家庭教師に関しても同じです。
それが例えアルバイトであっても、教えるための勉強が全くわからない人は、
家庭教師というアルバイトは選ばないでしょう。

つまり、それが自分のための勉強であったとしても、
何らかの投資をしているわけです。

それを見ないというわけにはいかないのです。

しかも、授業時間以外にも、授業の準備などが必要なのが、
この仕事です。

時間だけでなく、中身を主に見なければならない職業なのです。