By   2012年7月27日

夏休みだけ、家庭教師を頼むなら、まず、その目的が具体的に決まっていないといけません。
長いと思える夏休みも、過ぎてみるとあっという間です。
きちんと目標を決めて、家庭教師を効果的に利用しなくてはなりません。

我が家の場合、勉強の方法がわからないという漠然とした理由なのですが、
勉強のスタイルが作れたり、普段の勉強方法、
家庭教師の先生がこない日の勉強方法を主に指導してもらいたいと思っています。

受験生なら受験勉強、あるいは、苦手科目を夏休みに克服したいという人もいるかもしれませんね。
具体的な目標の方が、より効率が上がるそうです。
あとは、家庭教師の先生に夏休み中何回来てもらうかを決めます。
1回2時間として、相談したいと思っていますが、
子供は、数学と英語を1回3時間1時間半ずつではどうかと言っています。

苦手なのは、英語で、英語の勉強方法一番わからないと言っているので、
まずは、ノートの取り方や、普段どういう勉強をすれば良いかを
家庭教師の先生に教えてもらえればと思っています。

苦手科目の復習は、どこからやったらいいのか・・・
それがわからないので、プロからみて、
「ここまでさかのぼりましょう」と言ってくれるような先生がいいですね。

数学は、得意なのですが、受験の向けてもっと身につけたい、もっと知りたいと思うことがあるようです。
授業で、わかったつもりのところもきちんと「理解して使える武器」になれば良いのですが・・・・
数学もそのために普段やってる勉強は今のままで良いのか、
家庭教師の先生に見てもらえればと、思っています。