By   2011年8月1日

夏休みは、勉強を休む時間ではありません。
毎日、少しでも良いので机に向かい勉強をする事が大事です。

夏休みといったまとまった休みに、毎日勉強をする事で実力も変わってくる事でしょう。
少しでも毎日勉強をする事で、夏休み後の実力にも個人差が出てきますよ。

夏休みをどうやって勉強するれば良いのか?迷っている方もいるでしょう。
休みが長く、遊びが中心となってしまい勉強はほとんどしていないという方も中にはいるかもしれませんね。
家庭教師にお願いはしているけれど、家庭教師は週に一度だからその家庭教師が来ている時のみしか夏休みは勉強をしないのではないか?と心配されている親御さんもいらっしゃるかもしれませんね。
その点、塾の場合は家庭教師と違い週に2回いやそれ以上の勉強時間があるからやっぱり塾の方が実力が付くのかな?なんて思ってしまうかもしれませんね。

勉強は、回数や時間量が多ければ良いと言う訳ではありません。
ついつい勉強の量を重要視してしまいますが、ただ時間をかけて勉強をするから良いのではありません。
どれだけその時間を集中をして学び、そしてどれだけ覚える事が出来たのか?が大事なのではないでしょうか?

この夏休みに家庭教師を付けたお子さんだけや塾に行っているお子さんだけが実力が付くという事は決してありません。
家庭教師や塾などに通わずに自分で勉強をして、すこしづつ実力を付けているお子さんも多くいますからね。
勉強は時間では無く、どれだけ学ぶ事が出来たのか?という事が実力へと繋がっていくんですよ。