By   2011年7月21日

家庭教師には、個人差があります。
家庭教師も人間ですから、個人差があるのも当然な事ですよね。

家庭教師の中にも、優秀な家庭教師やそうではない家庭教師が存在する事も当たり前の事ですよね。

家庭教師を評価するのは、自分ではありません。
家庭教師の評価は、自分では無く教わる側が評価をする職業でもありますよね。
生徒にも個性があり、一人一人違います。
家庭教師に対する評価も人によっては、違っているでしょうね。
人によっては、評価の良い家庭教師であってもある人にはあまり評価が良くない家庭教師いう結果となってしまうのも仕方のない事なのでしょう。
全ての方に高評価な家庭教師というのは不可能と言っても良いのかもしれませんね。

ですが、家庭教師を付ける事で実力が上がればその評価も高くなりますよね。
これは、当然な事ですよね。
教えている生徒の学力を上げる事が、直接的に家庭教師の評価にも繋がります。
確かな結果を出しているからこそ、家庭教師が高評価されるのではないでしょうか。

家庭教師として生徒に勉強を教えている側からしても、教え子の成績が上がると言う事は嬉しい事でしょう。
勉強を教える事が仕事である家庭教師ですが、教えた事が確実に現実となって生徒の成績となって表れる事は教えている側からすると嬉しい事です。
また、教えている生徒の親御さんからも感謝される事でしょう。
家庭教師として、教えている生徒の成績を上げる事が、この家庭教師の仕事の大きな目標である事には間違いないですからね。