By   2009年12月11日

中学入試まで残りあとわずか!
ここまでなんとか頑張ってきている子供を拍手してあげたい気持ちですが、本番はこれからなのだから、そこはぐっとこらえて、勉強に励んでもらいます。

遅まきながらの中学入試スタートということで、これは個別で指導してもらう必要があると判断し家庭教師をお願いしているわけですが、その判断は間違えではないようですね。

子供のモチベーションが下がってきているとき、伸び時など、子供の小さな変化を親の私たち以上に早く察知してくださり、必要に応じて喝を入れてくださったりと、私たちをここまで導いてくださったのは、家庭教師の先生のおかげだと思っています。

心配なのは、お正月です。
正月休み明けからどんどん中学入試が迫ってきます。

いまさら新しいことを詰め込むことは難しくなってくるでしょうが、1回だけとはいえ、家庭教師の先生が来ない日、冬休みをだらけずにこのままモチベーションを下げずに行くためのわたしたち親の心構えみたいなものも家庭教師の先生からレクチャーしていただきました。

プレッシャーにならない程度に受験生として勉強するようにということのさじ加減が非常に難しいところですが、せっかく今まで家庭教師の先生とともに中学入試に向けての勉強に励んできたのだから、その時間を無駄にしないよう、悔いが残らない様な後残り1カ月を送っていってほしいものです。

新型インフルエンザのおかげで家族全体が外出したいという気持ちがうせ、かえって受験勉強に子供も集中できたかもしれません。

さあ、子供よ、残りあとわずかを駆け抜けるのだ!