By   2009年4月17日

この春で、息子もいよいよ6年生です。
最高学年ですよ。

気を引き締めて中学受験に挑んで行ってほしいものですが、サッカーと勉強の両立がしっかりできるかと心配になってきます。
同じサッカークラブの同級生では、中学受験を控えて5年生修了時に辞めた子もいますが、うちの息子は、サッカーか中学受験どっちを取るかと聞かれたら、間違えなくサッカーをとるので、そこまでして中学受験はする気はないようなので、サッカーを続行させています。

万が一受験に受からなくても、若いうちに挫折を味わうことはいいことだと思うので、それはそれでよしとしておくつもりです。
まあ、親が中学受験を受ける前からそんなこと考えているいようではだめですよと軽く家庭教師の先生にたしなめられたのですが、息子はサッカーも受験勉強もやる気マンマンのようです。

家庭教師の先生は、中学受験経験者で、中学受験に対するイロハを少しずつ伝授していってくれるでしょうし、成績の良い時と悪い時の波が激しかった息子の成績も家庭教師をお願いするようになってから、想像以上に安定してきているので、サッカーと受験の両立のことも考えて、進学塾には通わせないで、家庭教師一本で中学受験に挑もうとしております。

まあ、家庭教師だけでも、定期的に大手の進学塾のテストに参加することはできるし、現在の成績がどの程度なのかと言った力試しは出来るのだから、それでいいかなと思います。
万が一成績が思うように伸びない場合には、その時ま家庭教師の他に何かするかを考えるとしましょう。
今は子供の進路に関して子供の意見を無視して親が勝手にレールを敷いていても、いつか脱線してしまうでしょうから、息子の意見を取り入れた結果がこのような家庭教師一本と言う選択になったわけです。
逆に、進学塾だけで、家庭教師を辞めると言う人もいるでしょうし、ケースバイケースですよね。