やる気がなければ家庭教師も無駄になる?

By   2018年12月6日

よく耳にする考え方の一つに、
「勉強はやる気がなければ意味がない」という見方があります。

「やる気がなければ家庭教師をお願いしても意味がない」なんていうことも聞きますが、
これは一般的な保護者からの見方です。

結論から先に言うと「人は人との出会いでしか変えることはできない」、
「やる気がないからこそ家庭教師や塾が必要だ」ということです。

よく、やる気スイッチをオンにするなんていう表現がありますが、
これは一時的に子供にやる気を奮いたたせるだけで、
長期的にやる気が出るということには残念ながらつながりません。

例えば「次のテストで○○点取れたらご褒美をあげる」などといった戦略方法です。

確かに家庭教師や塾に行かせることよりもこのやり方は有効になるかもしれません。

しかし、この場合のやる気スイッチはなかなか継続されないのです。

これは、これまでの子供の人生においての育ち方にも強く関係してきます。

それを一からどうしてこうなってしまったのか分析することは気が遠くなる作業なので、
それを飛び越えてこれから子供をどうすべきか考えることが重要になってきます。

子供をやる気にするためにはまず子供を変えてくれる人との出会い、
つまり家庭教師や塾の先生探しをすることが大切です。

子供の親であれば自分の子供がどんな先生と相性が良いのか、
どんな先生ならやる気が出るのか分かるかと思います。

また、親が「この先生なら任せられる」と思えば、
大体子供との相性も悪くはないはずです。

ですから、やる気はなければ何をやっても無駄という考え方は捨て、
やる気を起こすための出会いを求めて家庭教師探しをするようにしましょう。

目標設定を明確に

By   2018年11月25日

勉強によく取り組んでいる子であっても、
成績が付いてこないという場合は少なくないでしょう。

成績が思うように伸びないことで、
勉強そのものに飽きてしまうこともあります。

そんな時は着実に達成することができる目標を設定しておくことが大切です。

勉強をやり始めても、それが長く続かない場合、
その時の目標に手が届きにくくなっていることが多いです。

受験勉強継続のためにも、目標の立て方は非常に重要となります。

志望校に合格するためには記憶を定着させる必要がありますが、
そのためには長続きするように目標を立てていく必要があります。

また、時間を目標にするよりは、具体的な数値で示すのがおすすめです。

時間を目標にしてしまうと、どれだけ頑張っても目標の位置を変えることができず、
モチベーションが下がってしまう可能性もあります。

子どもの頑張り次第で着実に目標に到達できるよう、
自分に適した段階を見て目標設定すると良いでしょう。

子どもにとって手が届きそうな目標にするということは、
勉強を続けていくためにも、成績を効率良くアップさせるためにも、
とても大切なことなのです。

また、目標を達成したらその都度記録していき、
後から見返したときにどれほど実力が伸びたのか実感することも大きなポイントです。

どのように実力が伸びているのかを把握することはその後の対処法を考えたり、
やる気を出せるという面などのメリットがあります。

自分の現時点での段階を踏まえ、その都度目標設定をしていくことは、
その後の実力やモチベーションにもつながっていくのです。

勉強を好きにさせる方法

By   2018年10月26日

最近、子どもの教育に熱心な保護者が増えてきていますが、
子どもが成長して物心がついた頃には、すでに勉強に対する意識も明確になっていると言われています。

特に、勉強が好きになるか嫌いになるかはその頃の子どもと保護者の関係性が関わっているのだそうです。

そもそも子どもが「勉強する」ということに意識を持つのは3歳前後と言われています。

子どもが社会人となった時、社会的地位の高い職業で働けるようになった方や、
会社を立ち上げて経営者として働く方も実際にいるでしょう。

子どもの頃というのは、保護者が子どもにどうなってほしいのかという願望が大きく出ているように思いますが、
教育そのものは早ければ早いほど良いのです。

勉強が好きで、自然に勉強できるようになる子は、
保護者がそのサポートをしっかりとしているという特徴があります。

例えば、少しでも字が書けるようになったら褒めてあげる・数字を多く数えられるようになったら褒めてあげるなど、
その子の成長に合わせてできることが増えるたびに褒めます。

ただ、もっとこうすればさらにできるようになるといったアドバイスも大切です。

保護者ができることは、子どもの成績の内容を叱ることではなく、
その子の能力を存分に引き出してあげることではないでしょうか?

保護者の意見を無理やり押し付けるようなことはせず、
子どもの考えを尊重し、少しでも良いことをしたときはしっかり褒めてあげましょう。

褒めることで子どもは認められたと感じることができ、
もっと頑張ろうと意欲も湧いてくるのです。

要領が悪いと悩んでいるのなら

By   2018年9月9日

子どもの要領が悪いと悩んでいる保護者の方はいませんか?

頑張って勉強をしていることは伝わりますが、
要領が悪ければ成果にはつながりません。

学習塾や家庭教師を依頼していない場合には家庭学習がメインとなりますが、
要領や効率が悪いことで勉強の仕方がわからなく勉強が捗らないのです。

また、要領だけではなく集中力がない子どもであれば、
勉強に取り掛かることも難しいのではないでしょうか。

・勉強中にボーっとしていることが多い
・ノートが汚い
・勉強の仕方がわからない
・勉強をしているにも関わらず成績が伸び悩んでいる
・やっているのにはかどっていない

上記の項目が自分の子どもに当てはまるのであれば、
正しい勉強の仕方を知るためにも子どもに合った家庭教師や学習塾を見つけることが大切になってくると言えるでしょう。

正しい勉強法については子どもでは考えることが難しいです。

成績を伸ばすために勉強時間を延ばそうとしても、
勉強法を知らないので成果を出すことはできません。

結果的に勉強が苦手になってしまう子どももいるので、
無理なく続けられるよう子どもの性格や学習レベルをしっかりと把握し、
細かい部分まで見てくれる最適な講師を見つける必要があるでしょう。

そのためにも、塾や家庭教師のホームページを確認するだけではなく、
体験授業などに積極的に参加して子どもに合った講師を探すことが重要です。

要領が悪いと思った時にこそ、
勉強のやり方を見直すチャンスでもあるので子どものためにも実践してみましょう。

質の高い学習を続けるには

By   2018年8月22日

近年では、小学校受験や中学校受験をする子どもが増えてきているそうです。

そんな理由からか、学校以外の場所で勉強する場所を求めている子どもも多いと言います。

もちろん、受験対策だったり苦手科目克服だったり、
学校の授業についていけないなど、理由や目標はそれぞれ違いますが、
塾や家庭教師のニーズが高まってきているのです。

最近では、日本の効率の小学校の授業の進み方は早いペースになっていることがわかっています。

でも、もしそこで授業についていけなかったり、
質問しづらく苦手科目が多くなってしまったりといった状況に陥ったら、
そこから踏み出すにはなかなか困難になってしまいます。

学校の先生によっては宿題をあまり出さないという人もいるため、
学校での学習量も家庭での学習量も減ってきています。

ただ、塾や家庭教師に依頼しても、
子どもに合った学習方法で取り組むことができなければ、
思うように成績が伸びていきません。

勉強方法はもちろんですが、
マンツーマンで子どもと向き合ってくれる家庭教師の存在は、
勉強そのものに苦手意識を持っている子どもにとっても、
勉強に対する意識が変わっていく可能性が高いです。

家庭教師を利用すると自宅で学習する習慣もつきやすく、
自宅で予習・復習ができたり、わからないと思ったときには自ら質問する機会が増えるでしょう。

家庭教師を利用することで、質の高い勉強を続けやすいというメリットもあります。

小学校受験や中学校受験を控えている子どもに限らず、
勉強の楽しさや大切さを考えるきっかけになる家庭教師は、
質の高い勉強をしてもらいたいと思っている保護者にとっても大きな意味があると言えるでしょう。

生徒と気持ちよく学習に取り組むために

By   2018年7月22日

家庭教師選びの際には、
子どもとの相性を気にされる保護者の方が多いように感じています。

それもそのはず、子どもの成績を着実にアップさせていくには、
家庭教師との相性は非常に重要になってくるのです。

嫌いな先生に指導されても、
生徒がやる気になりませんし、
むしろ勉強がますます嫌いになってしまうでしょう。

私は昔から子どもが好きで勉強を教えることも好きでしたが、
家庭教師はそれだけでは務まりませんよね。

成績を上げるサポートができるかどうかは、
家庭教師に最も求められていることです。

しかし、私は初対面の生徒に対して必ず行うことがあります。

それは、最初の日には勉強をしないことです。

生徒の好きなことや嫌いなことなどを時間をかけて聞くことで、
仲良くなることを大切にしています。

家庭教師にとって生徒とどれだけ向き合うことができるかは、
その後の成績にも直結する大きなポイントになります。

家庭教師は、マンツーマンで結果にコミットすることができます。

そのメリットを最大限に生かすためには、
まずは生徒と向き合い、信頼関係を作ることが大切なのです。

逆に、家庭教師を選ぶ際には、
子どもにどうやって好かれようと考えているかを聞いてみても良いでしょう。

家庭教師会社はどこを使っても結果が大きく違うということはないと言われています。

しかし、大事なのは家庭教師会社ではなく、子どもを担当する先生です。

子どもの成績を家庭教師を通して上げたいと考えている場合は、
信頼関係をしっかりと築けるかどうかも見極めて欲しいポイントです。

モチベーションアップ

By   2018年6月9日

家庭教師や塾に通っていても、
思うように成績が上がらないといった悩みを抱える生徒や保護者は多いでしょう。

ですが、なぜ成績がなかなか上がっていかないのかわからないことの方が多いように思います。

以前成績アップのためにはどのような対処が必要なのか書きましたが、
子どものモチベーションについてもしっかりと考えていく必要があります。

子どもをいかに本気にさせるかは、成績アップにも大きく関係しています。

本気になるかどうかはモチベーションの問題とも深く関わっているので、
子どもの好奇心の歯車を動かす何かがあるのとないのとでは成績にも影響してくるというわけです。

やる気を出させるには、勉強の楽しさに気付かせることがオススメですよ。

勉強が嫌いな子や苦手な子は、
その理由として「できないから」、「つまらないから」といった気持ちを持っている子が多いです。

こうした思いがある場合、我慢して勉強させようとすることの方が難しくなります。

でも、できない・つまらないは解消することができるんです。

学習の目標に対しての親しみを持たせ、
学習者である自分が積極的に取り組めるようにするには、
「やればできそう」と思わせることです。

具体的なゴールを明示して、成功の機会を与えます。

そうすると自分でもできると思え、
自分の努力で成功する経験が増えていけば、
やればできるんだと思わせることができるでしょう。

学習の結果を無駄にしないように、目標を達成したら思いっきり褒めてくださいね。

子どものやる気を引き出すには、保護者のサポートがあってこそなんですよ。

家庭教師のオリオン

By   2018年5月9日

・テストが平均点以下
・学校の授業がわからない
・勉強のやり方がわからない
・塾に通っても成績が上がらない
・ノートをとることが苦手
・テスト勉強をすることが苦手

上記の項目に当てはまる子供も多いのではないでしょうか?

東京都や神奈川県、千葉県や埼玉県で家庭教師を行う「オリオン」は、
勉強が苦手な子供におすすめできる家庭教師です。

オリオンの特徴としては、
子供の自信とやる気を引き出し、
子供にあった勉強法を見つけて提案してくれるので、
勉強が苦手な子供でも続けやすい家庭教師です。

勉強を好きになるためには、先生との相性も大切となりますが、
たくさんいる家庭教師の中から子供に合った先生を紹介してくれ、
万が一相性が合わなかった場合でも交代が何度でも可能なので安心でしょう。

オリオンの小学生のプログラムは4種類あります。

中学準備編では、中学生になってから勉強で躓かないためにも小学校で習った勉強の大切なポイントだけを復讐し、
中学校で使用する単元を集中的に学ぶことができます。

習慣付け編では、小学生のうちにつけたい「勉強をする習慣」を身につけることができるようになります。

子供は長い時間勉強することを嫌う傾向にあるので、
オリオンの家庭教師が子供に合わせてスケジュールを組んでくれます。

「10分のポイント復習」を宿題として出すので、
子供は短時間勉強するだけで学べるので面倒を感じずに学ぶことができるでしょう。

このほかにも、苦手克服編や英語予習編があるので、
子供に合わせて選ぶことができます。

家庭教師と保護者のあり方とは

By   2018年4月19日

家庭教師にお願いしていると、
先生の指導方法に疑問が浮かぶことも時にはあるのではないでしょうか?

しかし、そんな場合でも保護者はなかなか言い出せないということも多いです。

ただ、子供のことを1番よく知っているのは保護者でもあります。

疑問が生じた場合には、遠慮せず先生に直接聞いてみることが大切なのです。

先生がより子供のために指導をしようと考えているならば、
保護者の疑問や指摘をしっかりと受け入れてくれるでしょう。

家庭教師を依頼する場合、先生と子供の関係を意識しがちですが、
保護者も先生とスムーズなやり取りができるかどうかも重要なのです。

先生もしっかりとした考えがあって指導しているに違いありません。

しかし、きちんとした説明がなければ保護者に不安を与えてしまうのも当然です。

保護者は子供のサポートをしたり、
勉強しやすいような環境を作ってあげるようにしていく必要がありますが、
家庭教師の指導法に納得できないのではよくありません。

家庭教師は、保護者の理解を得ることも指導の1つです。

子供に、より積極的に勉強してほしいと思う反面、
そういった家庭教師との連携も非常に大切であるということも意識しておく必要があるのです。

子供と家庭教師という部分だけでなく、
家庭教師と保護者という側面も考えて先生を選ぶようにしましょう。

保護者が先生に疑問や不安を直接言えるような関係は、
子供にとっての学習にも非常に意味のあることだと言えるのです。

良い家庭教師を選ぶポイント

By   2018年3月26日

様々な家庭教師を紹介してきていますが、
どのような家庭教師が良いのか具体的な話を致します。

まず大前提として、生徒となる子と相性が良い先生を選びましょう。

どんなにプロで腕が良く、数多くの実績があり、
保護者の評判が良い家庭教師でも、
自分の子供との相性は悪いかもしれません。

相性が良いかどうかは、家庭教師が来る時間を心待ちにするかどうかで把握できます。

子供は基本的に正直です。

家庭教師が来るのを嫌がったりするようであれば、
親御さんの知らないところで何かあったのか、
それか根本的にウマが合わないなどの可能性があります。

親御さんにとって良い先生だと思ったとしても、
それを無理強いしたり、良い先生なんだからわがまま言わないなどと叱ってしまえば、
さらに勉強が嫌いになり、同時に親御さんのことも嫌ってしまう可能性があるのです。

そのくらい、家庭教師と生徒との相性は大事ですから、
気にかけてあげましょう。

第二に、成績を上げることを大事にしてくれる家庭教師を選びましょう。

アルバイトなどで家庭教師をやっている人の中には、
楽して高い給料をもらうことだけを考えている人もいます。

次のテストに向けて、算数や数学のテストの成績を5点上げることから始めようとか、
英語の成績が良いから次は100点を目指せるように勉強しようなど、
成績や学力について具体的な話ができない人は怪しいです。

また、しばらく頼んでいるにも関わらず成績が上がらない場合も、
真面目な仕事をしているかどうかという観点からシビアな判断をしても良いと思います。

家庭教師は本当に様々な人がいるので、きっちりと考えて頼むようにしましょう。